日本と違い、アメリカの警察にはおとり捜査など、相手にウソをついて騙す捜査が一部認められているそうですが、昨今の新型コロナウィルス騒動に「便乗」して、違法薬物の所持者をあぶりだそうとしている警察署があるそうです。

Facebookページにてユニークな告知を出しているのはフロリダ州アトランティックビーチの警察署。他にもテキサス州ジョンソンシティの警察署でも同じような広告を出したりしているようです。

公共広告:警告:最近路上でコカインや覚醒剤、ヘロインなどを買った人、ひょっとしたらそのドラッグ、コロナウィルスに汚染されてるかも。近くの警察署で無料検査しているから持ってきてね。警察署に行くのが恥ずかしかったらおうちまで警察官を派遣するからね。みんなにも教えてあげて!

アメリカでは密造銃や非合法な方法で入手された銃を、警察や自治体が前歴不問で買い取って拡散を防ぐという活動が行われています。ひょっとしたらそれと勘違いした麻薬の所持者がやってくるのを狙っているのかもしれませんが……ウソの広告というのはちょっと私達には馴染みませんね。

なにせこういう悪辣な取締りが時々起こってしまう社会ですから、犯罪者と警察が騙しあう、というのはアメリカではごく当たり前のことなのかもしれません。
無実の被害者の車に違法薬物を仕込んで冤罪逮捕していた悪徳警官が逮捕 – DNA

ソース:Is your meth contaminated with coronavirus? This Florida police dept. will test it for free | WFLA