1970年代初頭のアポロ計画で月に運び込まれ現在も月に残されている月面車(LRV:Lunar Roving Vehicle)が思いっきり月面を走りまくっている動画をAIを使って超高画質で再現したのがこちらの動画です。ゆっくりと舞う砂や荒れた月面コースは最高に楽しそうです。

動画はこちらから
[4k, 60 fps] Apollo 16 Lunar Rover “Grand Prix” (1972 April 21, Moon) – YouTube

この動画はDenis Shiryaev氏が2019年7月にNASAが公開したアポロ16号の月面車が月面をテスト走行している動画「The Apollo 16 LRV Grand Prix」を、ニューラルネットワークを使って60fps、4K解像度にブーストしたものです。

1972年4月21日の月で砂を巻き上げ爆走する月面車。ハンドルを握るのは月着陸船操縦士を務めたチャールズ・デューク宇宙飛行士、そして撮影者は船長のジョン・ヤング宇宙飛行士です。

1.

着陸船近くを走る月面車。なんとなく漂う浮遊感がたまりませんね。こんなアトラクションがあったら乗ってみたいものです。

2.

途中で何度か不自然に登場する「テープ破損部分(Damaged tape part)」の文字。もしかすると、ここには写って行けないものが……

3.

アップスケール前の元の動画はこんな感じです
The Apollo 16 LRV Grand Prix – stabilised – YouTube

ちなみにアポロ16号がうつ挙げられる約2年前の1970年に月面着陸を断念し月を周回して地球へ帰還を果たしたアポロ13号。その時に搭乗員たちが見た月の景色をNASAが超高画質で再現した動画がこちらです。
50年前のあの日アポロ13号搭乗員たちが見た月の景色をNASAが4K解像度で再現