誤って洗剤などを飲んでしまう誤飲事故というのがありますが、これをもし催涙スプレーでやってしまったとしたら……そんなことがあるはずないだろう、というような事件が実際に発生してしまい、周囲の人を大量に巻き込むパニックに発展してしまいました。

事件があったのはフロリダ州ジャクソンビルのハイランズ中学校。ある生徒が、他の生徒の持ち物から制汗スプレーのようなものを勝手に取り出し、体育館で使用したところ実際のところは強力な催涙スプレーであったことが判明。

体育館はパニックに陥ったため、教諭が生徒を誘導・避難しましたが41人が病院に送られる事態となりました。死者・重傷者はいないものの、中には強いストレスを感じている生徒もいるということです。

なおスプレーを使用した生徒は家庭裁判所に送られる処分となりましたが、スプレーを持ってきた生徒も校則で禁じられていた物品を持ち込んだとして厳しく処罰されるということです。

今日日の学校では本当に色々なことが起こりますし、これを監視する先生の中にもこういう感じの人がいるので、子ども達に「自分の身は自分で守れ」と言いたいところではありますが……なかなか限度が難しい問題です。
生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 – DNA

ソース:39 Jacksonville middle school students treated at hospitals following pepper-spray incident – News – The Florida Times-Union – Jacksonville, FL