「円周率は3.14」というのは決め打ちで覚えている人も多いかと思います。円の周囲の長さは直径の3.14….倍ということになるのですが、これをピザを使って視覚化するとこうなる……という動画です。


まずピザの耳をみんなで持ちます。ピザの耳の長さは当然ピザ1周分=円周の長さになります。

これを一列に並べると……

ピザ3枚と少し分になります。つまり円周の長さ=ピザの直径の3倍ちょっとということに。つまり「円周=直径×円周率」というあの公式が視覚化されるという仕組み。

実際に動画を見てみましょう。

同じように円の面積の公式「面積=円周率×半径の2乗」を視覚化しているのがこちら。ピザを扇形に切って並べると長方形になります。扇形を細かくすればするほど長方形に近づいていくので「半径×円周の半分=半径×半径×円周率」という公式が視覚化されます。


ピザパイはまさに円周率、πを考えるのにピッタリ。他にもこんな数学的テクニックを説明するのにも使えます。
数学的テクニックを使ってバレることなくピザをつまみ食いする方法 – DNA