遺跡や文化財にはたくさんの人が訪れるので、補修工事をいつするのかが問題となります。ロンドンの名物横断歩道「アビイ・ロード」はこの度の新型コロナウィルス蔓延の結果、観光客が減ったため、塗り替え工事を行うことができたようです。

アビイ・ロードはロンドンの北部にある、おそらく世界一有名な横断歩道。

ビートルズが同名のアルバムのジャケット写真にこの横断歩道を用いたことから、同じ場所で同じ感じの写真を撮りたい観光客が毎日多数訪れるようになりました。
ビートルズの「アビイ・ロード」のジャケット撮影時の非常にレアな写真いろいろ – DNA

そういうわけで重要な観光資源になったのですが、問題は横断歩道が薄れてきてしまっていること。2010年、ケンブリッジ大学図書館やバースの城壁と並ぶ史跡として2級保護指定を受けたのですが、劣化が問題となっていました。しかし新型コロナウィルス対策のためのロックダウンの結果、観光客も減少し工事が可能になったとのこと。あまり明るいニュースがない昨今ですが、いつかまた訪れる人のための工事、というのは未来を感じさせる話です。

ソース:London’s Abbey Road repainted amid coronavirus lockdown