新型コロナウイルスとの闘いで世界で外出自粛や外出禁止となる中、心身への影響を懸念する声が上がっています。そんな中、米国の心理学者たちが、自宅待機が心にどう作用するかの研究を進めています。