「ワルプルギスの夜」対策00
北欧では4月30日から5月1日にかけて、「ワルプルギスの夜」と呼ばれる伝統的な春の祭典があります。

魔女たちが集会(サバト)を開いたという言い伝えによるもので、たき火をしたり魔女の仮装をしたりと例年盛り上がるイベントなのですが、今年は新型コロナ対策でスウェーデン政府が自粛を求めています。

さらに一部の市民が強行してしまわないように、「におい」によって阻止する方針を発表しました。

続きを読む