新型コロナウィルスの蔓延を受け、世界的に個人の衛生対策が強く注目されていますが、そんなニーズの急速拡大に伴ってユニークなグッズが色々開発されている模様。今までならあまり注目されなかったようなウェアラブルなサニタイザーが多くの出資を集めているようです。


「PumPix」はおそらく史上初めてとなるウェアラブル消毒スプレー。Kickstarterで5000ドルの出資を募った所、残り17日で既に1万ドルを超える出資を得ており関心の高さが伝わってきます。

電池の必要ない人力圧縮方式のポンプを採用。手首の内側に装着し、手のひらの消毒が可能。

もちろん、手のひらを外せば他の物の消毒も可能です。

スパイがこっそり毒を盛る時に使うガジェットに見えてくるのは気のせいでしょうか。動画はこちらから。

さらにアグレッシブな消毒が必要な方は、このようなガジェットも世の中には存在しています。雑菌だけでなくもっと大きな生き物の活動も止められます。
中国の女性の間で「護身用火炎放射器」が流行中 – DNA