凶暴そうな大型肉食獣からよく見かける小さな虫まで地球上に生息する動物が、1年間で何人の命を奪っているのかを少ない順に並べて比較したのがこちらの動画です。人間にとってもっとも危険な動物は年間70万人以上(40秒に一人)の死に関係していることになります……

動画はこちらから。
Deadliest Animal Comparison: Probability and Rate of Death – YouTube

この動画は、Reigarw Comparisonsが各動物による死亡率をビジュアル化して制作したもの。一般的に怖がれられている動物よりも、もっと身近な動物のほうが人間の死因となることが多いようです。

1. コウモリ(死亡人数2人/年)、クマ(3人/年)、サメ(4人/年)

2. ムース(5人/年)、クモ(7人/年)、オオカミ(10人/年)

3. ウシ(20人/年)、ウマ(20人/年)

4. ライオン(22人/年)、ヒョウ(29人/年)

5. アリ(30人/年)、ハチ(53人/年)

6. フグ(100人/年)、クラゲ(110人/年)

7. トラ(125人/年)、シカ(130人/年)

8. バッファロー(200人/年)、カバ(500人/年)、ゾウ(500人/年)

9. サナダムシ(700人/年)、ワニ(1000人/年)、サソリ(3200人/年)、カイチュウ(4500人/年)

10. ツェツェバエ(1万人/年)、サシガメ(1.2万人/年)、カタツムリ(2万人/年)

11. イヌ(2.5万人/年)、ヘビ(5万人/年)、ヒト(43.5万人/年)、カ(72.5万人/年)

哺乳類でもっとも危険なのはカバとゾウ、爬虫類はワニと日本だとあまり関係はなさそうですが、もっとも人間を殺しているのは蚊、次は人間……場所を問わず存在しているのでしっかりと気をつけなければなりませんね。

またこちらはちょっと信じられない科学的事実をまとめたもの。たとえば「人は毎日1リットルの鼻水を飲んでいる」など……別に知りたくなかった。
にわかには信じられない、または信じたくない驚愕の科学的事実いろいろ