透明なロケットがリアルタイムで宇宙へ到達するまでの動画です。4種類のロケットが宇宙へ到達するまでの約9分間でどのように燃料が消費され、切り離されていくのかがよくわかります。

動画はこちらから。
If Rockets were Transparent – YouTube

動画に登場するロケットは4種類。左からサターンV(1967年~1973年にアポロ計画・スカイラブ計画で使用)、スペースシャトル(1981年~2011年)、ファルコンヘビー(2018年~。米・スペースXが開発)、スペース・ローンチ・システム(2020年~。NASAが開発中)。

また、燃料は赤:ケロシン(RP-1)、オレンジ:液体水素(LH2)、青:液体酸素(LOX)です。

1. 打ち上げ!!

打ち上げ約2分後

2. スペースシャトルとスペース・ローンチ・システムがブースター切り離し

打ち上げ2分半後

3. サターンVの第一段目とファルコン・ヘビーもブースター切り離し

打ち上げ3分後

4. ファルコンヘビーの第一段目切り離し

打ち上げ8分後

5. スペースシャトルの外部燃料タンク切り離し

6. スペース・ローンチ・システムの第1段目切り離し

打ち上げ8分半後

7. サターンVの第二段目切り離し

また打ち上げられたロケットが音速を突破した瞬間にはこんな波紋状の雲が出現。その珍しい瞬間がこちら。
ロケットが音速を突破した瞬間 巨大な波紋状の雲が出現

またロケットが打ち上げられた時の発射台はこんな感じになっています。圧倒的はは迫力です。
大放水で衝撃波をやわらげるNASAのロケット発射台用消音システムのダイナミックな動画