1962年に逮捕され、反逆罪と破壊行為で終身刑を言い渡されたネルソン・マンデラ。釈放されるまでの27年間、幾度も早期釈放を政府から提案されましたが、マンデラは拒み続けました。その理由とは。