電動バイクといえば10年ほど前までは好事家のためのもの、というかとにかく最低限走らせるための性能向上が第一でデザイン性というのは二の次、三の次だったのですが、最近はぼちぼちと一般化してきておりスタイリッシュなものが多くあります。こちらのXP Zeroはベースモデルの外装を再制作したカスタムモデル。電動バイクの異形な感じがエキゾチックさを強調してくれます。

UMC-063 XP ZEROはロンドンとカリフォルニアに拠点を持つUntitled Motorcycles Companyと、同じくカリフォルニアの電動バイクメーカー、Zero Motorcycles社がコラボしたカスタムモデル。

カスタム前のZero MotorcyclesのSR/S。ちょっと前までの電動バイクといえば巨大なバッテリーの箱にモーターが付いただけ、という感じでしたが電動バイクレースの増加や環境への関心の高まりなどが追い風となり、かなり「普通」のバイクの雰囲気になりました。

XP ZEROは外装のほとんどをジュラルミン削り出しで再製作し、さらに全体のトーンをグレーでまとめたソリッドな印象のカスタムバイク。

ダミータンクのラインなどバイクとしての印象はそのままに、モノトーンで航空機感、SF感を高めた、という感じです。

なお性能のほうですが、モーターは内燃機関と違ってゼロ回転からトルク全開になります。190Nmというリッターバイクの倍近いトルクが突然やってくるというのはどういう感触なのでしょうか。
マキタの電動ドリルを動力源にして走っていくインラインスケートを作ってみた動画 – DNA

ソース:UMC-063 XP Zero Motorcycle | Uncrate