広い牧草地で羊の群れを追い回してコントロールする牧羊犬は、農家にとって大事な資産ですが、そんな牧羊犬の代わりになりそうなのがこちら。ボストン・ダイナミクス社製のロボット犬「Spot」が羊の群れをコントロールしています。

「Spot」はボストン・ダイナミクス社が販売を開始した犬型アシストロボット。こちらの動画では鉄工所で色々とお手伝いをしてくれるところが紹介されていますが、プログラミングによって色々な用途で用いることができます。
Spot Launch – YouTube

ニュージーランドのロボティクス企業Rocos社はこのSpotを使った農業のオートメーションを企画している模様。機動力を生かして牧羊の代わりに使う他にも、搭載されたLiDARや赤外線カメラを用いた作物の検査や夜間の農場の見回りといった、従来の農業機械ではちょっとムリだけど小回りのきくロボットなら可能な仕事を自動化することを目的としています。

動画はこちらから。
Autonomous farm work – enter the robots – YouTube

これまでは生産ラインのようなベルトコンベア上の流れ作業でよく見かけたロボット作業員ですが、最近では「ある程度移動能力が必要な24時間稼働の仕事」というものをどんどん代替してきているような気がします。
ボストン・ダイナミクス社がヌルっと動く倉庫内作業ロボット「Handle」の動画を公開 – DNA