現在、他の惑星への宇宙飛行には膨大な時間がかかります。その間、宇宙飛行士が出会えるのは同じ宇宙船に乗り込んでいる人だけ。生活スペースもごく小さな限られたものになります。当然大きなストレスがかかるわけですが、これを研究するための実験にアメリカのNASAが参加者を募集しています。

アメリカのNASAでは、月や火星へのミッションに向けた実験の被験者を募集中。「社会的断絶」「移動制限」による人体・精神への影響を調べるべく、ロシアはモスクワにて8ヶ月間、宇宙船を模した施設の中でチームメンバーとともに暮らします。

募集しているのは30~55歳の健康なアメリカ市民。理学修士、博士号、医学博士、あるいは軍の士官教育を修了していることが条件となります。学士号に加え専門的技能・知識を有している人も対象。なお英語とロシア語が使えなければなりません。

なお8ヶ月間ぼーっとしているわけではなく、ロボットアームの操作や各種の実験、聞き取り調査など大量のタスクが課され、かなりのストレスをかけられるようです。

宇宙飛行は未知の世界に向かっていくので、道中何が起こるか分かりません。ありとあらゆるリスクをつぶすためにあらゆるテストを行うことで知られるNASAなので、8ヶ月の実験内容の公開が楽しみです。
NASAがやっている「アルマゲドン」を使った管理職研修がすごい – DNA

ソース:NASA Seeking US Citizens for Social Isolation Study for Moon and Mars | NASA