新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐには、ビニールシートやアクリル板、パーティションなどを使って物理的に隔離してしまうのが一番。オンライン会議のための背景隠しにもなって一石二鳥……なのですが、とあるコンセプトデザインにおけるデスク4つの並べ方が政治的に微妙ではないか、と話題になっていました。

これは……ハーケンクロイツ……!

座る人どうしの距離をなるべく長くとり、かつ中央のパーティションを高めにして飛沫感染を防ぐというコンセプト。ただ欧米では引っかかる人も多いようです。

実際、以前にも同じような並びの自習室用のデスクが話題になっていました。現在のデザイナーの人たちはリサーチが大変ですね。
静かに図書館を侵食するナチズムの恐怖 – DNA

ソース:Changes in architectural design inevitable in post-COVID-19 era | Inquirer Lifestyle