ひどいストレスや孤立に苦しめられた初期の南極探検隊。その支えになったのは気晴らしや日課に加え、明るいビジョンを描き確かな計画を示せるリーダーの存在でした。