公式には今のところ、地球人とその他の文明がコンタクトした記録はありませんが夜空の星の数からすれば、その存在はかなり確からしく思えます。イギリスの研究者達が算定した最新の予想では「36個」というのが最も確からしい推定とのことです。

この研究はイギリス・ノッティンガム大学の宇宙物理学教授、クリストファー・コンセリス博士らが最新の観測結果を用いて地球外知的生命の可能性を算出したもの。

人間は特別な観測者ではないという「コペルニクスの原理」に基づけば、地球と同じような環境には同じような生命が発生するだろうと推測できます。

博士らは「55億年経った惑星には文明が発生するかもしれない」という「弱いコペルニクスの原理」と「45~55億年経過した惑星には文明が発生する」という「強いコペルニクス原理」の2つのシナリオの元、ドレイクの方程式を用いて確率を計算、後者のシナリオに置いて電波通信が可能な文明の存続時間を100年とした場合、銀河系に存在する文明の数は36というのが最も確からしいということです。

この計算では最も近くの文明でも1万7千光年先になるということで、まだまだ地球文明の孤独さは続きそうですが、人間の宇宙観測能力は年々高まっており、ドレイクの方程式に代入される数値の精度は高まっています。火星や木星など、太陽系内の惑星の調査が進めばまた違った生命発生のメカニズムが発見されるかもしれません。

最近は国家だけでなく民間企業も宇宙に進出するようになりました。民営化で宇宙はどんどん身近になっていきますね。
SpaceXの宇宙船が民間企業史上初の有人飛行と国際宇宙ステーションとのドッキングに成功 – DNA

ソース:Scientists say most likely number of contactable alien civilisations is 36 | Science | The Guardian