広大な海を回遊するウミガメにはたくさんの旅のお供がいました。その背中には「文字通り『世界』があります。生物の上にこのような多様性があることがわかり、興奮しています」と研究者。