同じ種と考えられていた東南アジアの3地域のサルが、実はそれぞれ独立した種であることが糞のDNA調査から判明しました。うち2種が絶滅の危機に瀕していると言います。