ある国を侮辱するパフォーマンスとして、その国の国旗を燃やすシーンをしばしば見かけます。話し合いで解決するのがベストではあるのですが、ひとまずの予防策として耐火繊維で絶対に燃えない国旗を作るのはどうか……と考えた人が表れました。

アメリカ陸軍の精鋭特殊部隊、グリーンベレーを退役したカイル・ダニエルズ氏が設立したブランド「Fire Brand」が作り出したアメリカ国旗。愛国者でなければとても耐えられない過酷な作戦をくぐり抜け帰国した氏は、様々なシチュエーションで国旗が粗末に扱われるのを見て「アメリカ人がアメリカで作った絶対に燃えない旗」を作ろうと思いついたそうです。

ダニエルズ氏は、すべての星条旗がこの燃えない旗に置き換えられるということを目標としているとのこと。国旗の扱いには人一倍敏感な元軍人さんならではのアイディアです。一点、YouTubeなどで「実際に燃えるかどうか試してみた」系の動画が掲載されず広告しにくいというのが難点です。
なぜ米兵の肩の国旗ワッペンは左右逆になっているのか教えてくれる動画 – DNA

ソース:Old Glory | Firebrand Flags