ビデオカセットやDVDディスクを貸してくれるレンタルビデオショップはどんどん数を減らしつつありますが、一時はもうどこにでもあるお店でした。全米最大のチェーン、Blockbusterがどのように増え、減少したのかを見ればその栄枯盛衰っぷりが見えてきます。

動画はこちらから。
Blockbuster Video US store locations between 1986 and 2019 – YouTube

Blockbusterは、一時はマクドナルドと並ぶほど「どこにでもある」という感じのレンタルビデオショップでしたが、どんどん数を減らし今では最後の1店舗がオレゴン州にあるのみ。

Netflixのように家から出なくても映画を選ぶことができる動画ストリーミングサービスが圧倒的に普及したためBlockbusterはその役目を終えつつあります。

こちらはそのNetflixが低速回線しかない時代に今と同じサービスを提供していたら……というパロディ動画。次にやってくるサービスも今はこんな感じに「使えない」のかもしれません。

もしもあのNetflixが90年代に登場していたら……というフェイク・ドキュメンタリー – DNA