白亜紀末の大量絶滅の原因に、また新たな説が生まれました。当時の火山噴火は大量絶滅を引き起こさず、それどころか、生命の回復に貢献していたと言います。