唾液に限らず攻撃用の毒を持つ両生類はほとんど例がありません。目がほぼ見えず、四肢がないアシナシイモリは、その例外かもしれないといいます。