映画ではエリマキトカゲのような首のフリルを広げ、悪役の目に毒入りの唾を吐きかけていたディロフォサウルスですが、本来の姿がやっと明らかにされました。