何も対策をしなければ30年以内に絶滅するとIUCNは発表しました。研究者によると、史上最多と言われながら絶滅してしまったリョコウバトのケースに酷似しているそうです。