2020年3月に発見されたネオワイズ彗星(C/2020 F3)が地球に接近した7月5日(最接近日は7月23日)、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士が撮影した写真を元に制作されたタイムラプス動画です。

ネオワイズ彗星(C/2020 F3)は、NASAが2009年に打ち上げた赤外線天文衛生「NEOWISE」が2020年3月27日に観測し発見した直径5kmの彗星。

潰れた楕円起動で太陽を公転しており周期は4300年、次回は6700年に伸びると考えられており今度地球へ接近するのは西暦8700年頃と予測されています。

動画はこちらから。ネオワイズ彗星が現れるのは3分頃です。
Comet NEOWISE from ISS [ 4K ] – YouTube

進行方向と逆に地球からゆっくり浮かび上がってくるネオワイズ彗星。尾を引き非常に神秘的な姿です。

1.

2.

3.

2020年の大彗星 とも呼ばれるネオワイズ彗星ですが、今度やってくるのは西暦8700年頃……人類がもう一度見ることができるのかわからない非常に貴重な瞬間です。

また2011年12月に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影されたラブジョイ彗星(C/2011 W3)はこちらです。
美しい尾を引く「ラブジョイ彗星」を地上と国際宇宙ステーション(ISS)から眺めた写真と動画いろいろ