南東アラスカにまれに出没する灰青色の「グレイシャー・ベア(氷河クマ)」。新たな研究で、その珍しい色と氷河との関係が示唆されました。