スポーツで頼りにしてよいのは己の筋力のみですが、ありとあらゆる手段が認められるのがルールを離れた「実戦」。こちらは火薬のパワーを用いて打撃力を増幅、どんなにショボいスイングでもスイートスポットにさえ当たればホームランにできるバットです。

釘打ち銃に用いる空包をエネルギー源に用います。

ボールがスイートスポットに当たると空包が発火してピストンが反発する、というシンプルな仕組み。

余分な火薬ガスはこんな感じにバット先端のマフラーから排出されます。本番バージョンでは金属製のインナーに変更されました。

どんなにヘロヘロのスイングでも、ボールが凄まじい勢いで飛んでいくのが笑えます。

ちなみにこのバットを削り出すのに新しく工作機械を買ったそうです。庭をぐるっと回って裏口から搬入する一部始終もなかなか興味深い。

作者いわく「このバットは最高のホームランバットであり、そして最高の護身用バットである」とのこと。

間違ってもバットは護身用ではなくあくまでもスポーツ用品なのですが……。

めちゃくちゃ威力あります。

動画はこちらから。
Always home run bat feat: explosives. Made with my new Tormach 24r – YouTube

「ホームランを打ちたい」という人間の欲望は、様々なガジェットを生み出して来ました。次はそろそろサイボーグ化が来るのではないでしょうか。
バットを高速回転させる手作りホームラン製造器で世界記録を狙う動画 – DNA