「いつか行きたい世界の旅先25」第20回。全長約1250キロのカムチャツカは、火山の密集度と多様性、地熱が生み出す地理的特徴、野生生物などのおかげで、半島内の6つの地域が「カムチャツカの火山群」として世界遺産に指定されています。