色々な事情から急にサーバーラックが必要になった、というのはこのIT時代ではよくあること。そうした緊急時や、安価なサーバーラックが欲しくなった人は、IKEAで買えるテーブルを利用したこちらの「LackRack」を作ってみるのはどうでしょうか。

LackRackはIKEAで販売されている「Lack」シリーズのサイドテーブルの脚の間隔が、ブレードサーバーの規格とだいたい同じ19インチであることを利用したDIYサーバーラック。Lackという名前とRackが似ているのは本当に偶然なのだろうか……と思うほどにうまくなじんでいます。

各国のIKEAにて低価格で入手できるので拡張性はなかなかのもの。このように積み重ねれば簡単に増設することも可能です。
Lack Rack | Spencer’s Technical Diaries

集成材なので強化・改造も容易。こちらのセットアップではスライドレールを取付け搭載量をアップ。
Ikea Lack Rack with rails on rolls – Imgur

Lackシリーズには天板が延長されたコーヒーテーブルもあり、こちらを使えば両面にマウントすることも可能です。

ちなみに各国ごとの価格比較はこちら。日本は中位あたり、北欧諸国はやはり安い傾向のようです。

Eth0ではIKEAの取り扱い説明書風に作り方を解説するPDFが公開しています。
LackRack Manual

人間生きていれば、そこらへんにあるものでとりあえずなんとかしなければならない……という事態にブチあたることはよくあります。こういうDIYの方法もいろいろ覚えておいたほうがいいのではないでしょうか。
乱用注意「レッドブル」を自作する動画「DIY Red Bull」 – DNA

ソース:LackRack – Eth0Wiki

LACK RACK : homelab