新型コロナウィルスの流行という世界的大惨事で外出が自粛になったりイベントがキャンセルになっている昨今ですが、ヒマを持て余した人達によって新たなチャレンジが行われるという一面もあります。イギリスではエンジンを搭載した改造ネコ車が、速度記録を更新してしまったようです。

記録を更新したのは、イギリスのケビン・ニックス氏。エルヴィントン飛行場にて行われた最高速度チャレンジイベント「Straightliners」にて、時速42.5マイル(約68.4km)の速度記録を打ち立てました。

不安定な一輪車で時速70km近い速度を出すのは、見た目はともかく乗っている方としては結構な恐怖です。こちらは2か月ほどにこのネコ車が紹介された動画ですが……ヤバそうです。
Driving A 40mph Wheelbarrow – YouTube

なおニックス氏は以前、最高時速約160kmで走る地上最速の小屋を制作したことでも有名。ターボ付き400馬力のこの小屋はAirbnbで体験搭乗が提供されているので、興味がある人は訪英の際に試してみるのはどうでしょうか。

一輪車は手作り感あふれるエンジン搭載モデルや、最近ではモーター付きの作業用一輪車なども見かけます。もうすぐこんな感じのエクストリームレースが行われるのかもしれません。

魔改造した耕運機でオフロードコースを爆走するレース「TransBetxí」 – DNA

ソース:Kevin Nicks ‘sets speed record for fastest wheelbarrow’ – BBC News