7月の海氷面積が1979年以降で最小を記録しました。最新モデルの予測ですが、15年後の2035年は遠い未来ではありません。アラスカではすでに対応を考え始めているそうです。