世界遺産ベルサイユ宮殿を彩る噴水。実現には18キロ離れたセーヌ川から大量の水を送る必要がありました。そこで建造された17世紀の巨大水力ポンプ「マルリーの機械」とは。