約2億4千万年前の魚竜の胃の中に大型の動物が残るうえ、歯の形にもとづく食性の定説を覆し、大量絶滅後の生物の回復も示唆しています。驚きの化石です。