絶滅危惧種のサル「ゴールデンライオンタマリン」が、感染症で30%も減り、2500匹になりました。野心的なワクチン投与計画が立ち上がっています。