iOS14では時折緑やオレンジの点が右上に点灯するようになりました。これはマイクやカメラが使用中であることを可視化するためのインジケーター。悪質なアプリが勝手にこれらを使用して盗聴・盗撮などをしているのに気づきやすくなります。

先日公開されたiOS14ではセキュリティが強化され、アプリがカメラやマイクを使用している際はインジケーターが点灯するようになりました。

例えば「電卓」「ストップウォッチ」といったカメラやマイクを使うとは考えにくいアプリを使用中に、インジケーターが点灯したらそのアプリはやや「怪しい」可能性があります。カメラやマイクの使用状況を可視化することで、こうした異変に気づきやすくなります。

何らかのアプリがカメラにアクセスしている際はグリーン、マイクの場合はオレンジが点灯します。点灯している際にインジケーターをスワイプすると、何のアプリからアクセスされていたのかも表示されます。

同様の機能はMacBookに既に搭載されていましたが、より身近なiPhone、iPadでも採用されプライバシーがより強力に保護されるようになりました。

最近はもうありとあらゆるところにカメラやマイクがある時代。実用的な部分はもちろん、意識を高めるという点でも面白いアプリです。
昆虫の背中に搭載できるサイズのワイヤレスビデオカメラをアメリカの研究者が開発 – DNA

ソース:If Your iPhone Has a Green Dot in iOS 14, Your Camera May Be Spying On You