地球外生命探査の新たなターゲットになるかもしれません。火星の南極の地下に、幅20キロにわたる液体の湖と複数の小さな池があるとする研究成果が発表されました。