モロッコの砂漠で、大型恐竜スピノサウルスの歯が大量に発見されました。そこはかつて川が流れていた場所で、この恐竜が「水中の捕食者」であったとする説を補強する発見です。