19世紀に発見され、古生物学を象徴する有名な「始祖鳥の羽根」の化石。しかし、実は始祖鳥のものではないとする意見もあり、論争となっています。