国としての保護は必要ないとの判断ですが、「米国において、オオカミほど多くの称賛と怒りを浴びせられている動物はそういない」。訴訟が急増する見込みだそうです。