空港や街中で聞こえてくる外国語。ほとんど意味はわからないものの何となく何語なのかは予想できることあります。そんな何となくを極めているのがこちらの達人。話せる人には何を言っているのか全くわからないものの、話せない人にはペラペラに聞こえます。

動画はこちらから。
This is what languages sound like to foreigners! – YouTube

この素敵な特技を披露しているのはDiego Rivas氏。確かに日本語以外はとても流暢に話せる人にしか思えないレベルです。

日本語に関しては違和感しかありませんが、外国の人にはこんな感じに聞こえていると思うと何となく不思議な気もしますね。さらに極めてデタラメな日本の方言バージョンも聞いてみたい。

ちなみに関西弁の「なあ」は世界で3番目に翻訳が難しいとのこと。日本人でも関西ネイティブ以外は使いこなせないのではないでしょうか。
「世界で3番目に翻訳が難しいのは関西弁の『なあ』」1000人の言語学者へのアンケートで判明