Googleがアカウントのストレージポリシーを変更しました。特にGoogleフォトの利用頻度によっては大きく使い方が変わるかもしれません。

現在、Googleフォトは画像を高画質でアップロードした場合は無料で容量無制限の利用が可能だったのですが、2021年の6月1日よりGoogleアカウントの無料保存容量(Gmail、Googleドライブと共用)は「15GB」となります。

2021年6月1日まで高画質でアップロードされた画像・動画は無料保存容量にはカウントされることはないため影響はありません。

それなりの量の写真や動画をGoogleフォトでバックアップしている場合、今後はGoogle Oneで容量の追加を行う必要があります。現在のところ価格は月額250円(100GB)、月額380円(200GB)、月額1300円(2TB)の3プランが用意されています。

1.

また、Googleは今回のストレージポリシー変更の理由については「今後もより多くの写真を余裕をもって安全に保管するため」としています。

ちなみに元GOogleエンジニアからみたGoogleがSNSに弱い理由がこちらです。
元Googleのエンジニアが語る「なぜGoogleはソーシャルネットワーキングに弱いのか」

ソース:Google Japan Blog: Google アカウントのストレージポリシー変更について