ブラジルには180もの先住民言語がありますが、そのほとんどは使用人口が1000人未満と言います。パンデミックが追い打ちをかけ、プルボラ語を話す長老は2人になってしまいました。