2言語以上使う国は認知症が50%少ない00
アルツハイマー型を中心に認知症の研究が進んでいる中で、スペインの研究結果が話題を集めていました。

2言語以上を使う国は、そうでない国と比べて認知症率が50%も低いそうです。

続きを読む