「結論を言えば、再感染は極めて珍しいですが、確実に起こりうるということです」と専門家。再感染のリスクは免疫の持続期間だけでなく強さにもよるようです。