世界の排他的経済水域の30%を占める14カ国が、2025年までに、自国が管轄する海の100%を持続可能な方法で管理することで合意しました。大きな意味をもつ今回の発表を解説します。