8割を死なせた恐ろしいがんの再生産数が、病原体の遺伝子解析により、当初の3.5から1を下回ったことが示されました。他の病気にも応用できる解析手法だそうです。