60年代トルコの酔っ払いを連れて帰るバスケットマン00
「酒は飲んでも飲まれる」なという言葉があるように、飲み過ぎてしまった酔っ払いが周囲の迷惑になるのは世界共通です。

トルコの1960年代バーでは、泥酔客をかごに入れて自宅まで載せて帰るバスケットマンを雇っていたそうです。

続きを読む