銃を隠し持つ時、例えば真夏に上着を着ていたり、カジュアルな場なのにテイラードジャケットを選んだりしまったりなど、その場にあった服装でなかったためにバレてしまうケースというのは多々あります。しかしこちらの特殊スウェットパンツを使えばどう見てもジョギング中なのに重たい銃器を吊ることが可能です。

アメリカで銃を携帯するためのグッズを開発・販売しているメーカー、Arrowhead Tactical Apparelが作り出した「Carrier Sweatpants」は見ての通り、ごくごく普通のスウェットパンツ。

銃を吊るにはしっかりとしたベルトが必要なのですが、スウェットパンツにベルトループなどというものは存在しません。したがってスウェットパンツの人は銃など吊っていないはずなのですが……。

びしっとホルスターが保持されています。

秘密はこちら。インナーループでごっついベルトを保持するので、見た目はゆったりですが重たい銃を携帯することができるのです。

足首も伸縮素材が入っておらず動きはとてもフリーに。スウェットに見えるけれども別物のパンツとなっております。

ジョギングしている人のふりをしてこっそり周辺の警備などをするケースはよく見られます。このスウェットを使えば銃の携帯もばっちりですね。調整方法などはこちら。
Carrier Joggers Setup Video – Arrowhead Tactical Apparel – YouTube

銃を隠して持つときに最も重要なのは、持っていることが外から分からないようにすること。非常にシンプルな原則ですが実現するのはとても難しく、色々とユニークなグッズが開発されています。
確かにそこに隠せば目立たない、女性向けホルスター「Flashbang Holster」 – DNA

ソース:Carrier Sweatpants – Arrowhead Tactical Apparel