新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるい、社会を、文化を、生活を、あらゆるものを不可逆的に変化させてしまった2020年。色々なコンテンツを送る方、受ける方、双方にとっても大きな影響があった年でした。そんな2020年、DNAではこのような記事がよく読まれました。

1位:撫でるとネコの鳴き声が出るネコのような見た目の電子楽器「Mew」の動画 – DNA

インターネットユーザーは猫派が多いそうで、猫に関する記事にはいつも一定の需要があります。そんな中、猫を究極に抽象化したこちらのガジェットがDNAの記事では最も注目を集めました。

2位:深底の死肉を貪るサメを丸呑みする巨大魚を捉えた深海動画 – DNA

「食物連鎖」という現象を非常に端的に表した動画。自然界の掟の厳しさに興味をもった人が多かったようです。

3位:全長360メートルの巨大コンテナ船が思いっきり港のクレーンを薙ぎ払う衝撃動画 – DNA

巨大な構造物というのは人の興味をひくもの。しかもそれが思いっきり倒壊するところはなかなか見られるものではありません。そうしたスペクタクルさ、事故の規模の大きさが注目されました。

4位:元恋人の名前をつけた鮭をグリズリーが引き裂いてくれるサービスを提供する野生動物保護NPOが登場 – DNA

バレンタインデーが近くなると出てくる、楽しくない方のバレンタインデーを過ごす人向けのチャリティイベント。荒ぶる山の王者の暴れっぷりが爽快であったようです。

5位:イルカの群れがフグの毒を吸ってラリって遊ぶところが初めて記録される – DNA

お酒や薬に酔っ払う、というのは人間だけの特権ではなかった……というイルカ達の意外な姿をとらえた動画。珍しいと感じる人がたくさん見られました。

6位:世界中から集めた今一番話題のスーパーカー12台で競うドラッグレース「WORLD’S GREATEST DRAG RACE 9」 – DNA

1台何千万円もする「スーパーカー」、それが12台も集まった絵面の豪華さ、そしてやはりそれぞれのマシンの魅力が凝縮された動画でした。

7位:新型コロナの影響で非合法アメリカ横断レース「キャノンボール・ラン」の記録が大幅更新 – DNA

アメリカのアメリカらしい部分を凝縮したストリートレース「キャノンボール・ラン」。そんな象徴的なレースにおいて、新型コロナによる社会の鬱屈をぶっ飛ばしたことで勇気づけられた人も多かったのではないでしょうか。

8位:飼い主から注意されてる時に「何も聞こえない戦法」で現実逃避するシベリアン・ハスキー – DNA

いつでも人気のコミカルな動物の動画。こちらはかしこいハスキーがまるで人間のように「何も聞こえませーん」と逃げをうつ動画。人間のほうは、こういうふうにはなかなか逃げられませんが……。

9位:脱走したウシの群れに1匹で果敢に挑む小さなポメラニアン・チワワ – DNA

このポメラニアンが勇敢すぎるのか、それとも牛が怖がりすぎなのか……小さなポメラニアンが牛の群れをコントロールする様は実にアンバランスでよいものです。

10位:80年代のSF映画とその周辺を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー「In Search of Tomorrow」予告編 – DNA

2020年はなんというか、本当に時代が変わってしまったな、という実感を誰もが持った年であったようにあります。そうした中で、このドキュメンタリーのような締めくくり、まとめ、というようなコンテンツには誰もが関心をもったのではないかと思います。

終わりに

そんなわけで、2020年のトップ10はこんな感じでした。何か1つでも心にひっかかった記事がありましたら、シェアしていただいたり、公式Twitterアカウント「@dailynewsagency」をフォローしたりDaily News Agency公式Facebookページで「いいね!」いただいたりして、私達の読者になっていただけると嬉しいです。

また「DNAの読者にはぜひこれを知ってほしい」というタレコミは自薦・他薦問わずいつでも大歓迎です。ぜひぜひこちらの問い合わせフォームからお知らせください。

なかなかお返事できませんが頂いたメールやソーシャルメディア上でのメンション、コメントなどなど、いつもしっかり読ませております。お褒めの声、お叱りの声ともどもに、いつも励まされておりますこの場を借りてお礼申し上げます。

それでは2021年も私どもDaily News Agencyをよろしくお願いいたします。

ソース:読者のみなさま